代行業を利用すれば煩わしい作業がなくなる

PICK UP

見積もりが大事

ゴミ屋敷は実は年々増加傾向にあり、隠れゴミ屋敷の存在が浮き彫りになりつつあります。片付けをするには大変で業社に依頼することになります。高額になることも考えられるため見積もりをする必要がああるでしょう。

Featured Article

秘匿性が高い処分法

不要品を処分する方法は様々ありますが、秘匿性に優れているのが郵送処分です。郵送処分では業社に不要品を送りつけることで処分が可能で、処分する物が周囲に知られたくない時に利用するケースが多いです。

粗大ごみの回収方法

年末や引越しのシーズンでは粗大ごみを出す機会も多いでしょう。一般的にはリサイクルか処分かで回収方法が異なり、中には買取をしてくれる業社もあります。回収して貰いたい物を見極めて出すことが大切と言えます。

不要品の回収先の選択

不要品処分は大掃除の時に多く出てきます。回収する方法は2つあり、買取業者にまとめて回収して貰う方法と、不要品で回収業者を分ける方法です。前者は手軽さがあり、後者は高い金額で買い取ってもらえることが期待できます。

ごみ処分は早めが一番

莫大な費用がかかります

近年話題になることの多いゴミ屋敷ですが、ゴミ屋敷の片付けには思わぬ費用がかかることになるので注意しましょう。たかがゴミの片付けと、たかをくくっているととんでもないことになってしまいます。 ゴミ屋敷となるまでには、数年どころか十数年、何十年もかかっている所が多く、そのゴミを収集するだけでも、かなりのマンパワーが必要になります。朝から晩まで5人がかりで収集したとすると、それだけで約5人分から10人分のマンパワーを費やしたことになります。また、収集したゴミをゴミ集積所まで持ち込むためのトラックや集積所へ支払う費用なども積み上げられていくわけです。 アパートの一室でも、片付け費用として数十万円ということも珍しくなく、一軒家ともなれば百万円をこえることもあるようです。

ゴミ屋敷の片付け専門業者もあります

このようなご時世ですので、ゴミ屋敷の片付けを専門に行う業者もできています。このような業者の場合、ゴミ屋敷の実態をよく熟知しているため、あらゆる事象に迅速に対応してもらうことが可能です。例えば、ゴミ屋敷の片付けを専門に行っていない業者に依頼した場合、ゴミの種類によって持ち込むゴミ集積所が違うことに気づいていなかったり、ゴミを運搬するために準備しているトラックが小さくて何往復もしなければならなくなったりと、無駄な時間とお金がかかってしまいます。 一方、ゴミ屋敷の片付けを専門にしている業者の場合は、そういったことは基本的なこととして熟知しており、効率的に作業を進めてくれます。どうしても多額になってしまう費用を、できるだけ安く抑えてくれるのでお勧めです。